COEDA HOUSE 様

事例画像

静岡県 熱海のアカオ ハーブ&ローズガーデン内にオープンされた「COEDA HOUSE」様にModuleXをご採用いただきました。
建築家・隈研吾氏の設計により、樹齢800年を超えるアラスカヒノキを使用し、49層1500本を積み上げることで大きな一本の幹を表現されています。
また、四季折々の花々とともに海を眺めながらの特別なひとときを楽しめるよう外装は全面ガラス張りになっております。

【照明設計のポイント】
建築のディティールを際立たせるため、照明器具(ダウンライト)は、特徴的な木組みの奥、天井面に、最小限の灯数で設置しています。
存在感をなくしながらも、最適な明るさと効果を両立させています。日没後は、木組みから溢れ出す、特徴的な照明空間を実現するため最適な明るさ、自然光とのバランス・融合をテーマに設計初期段階より、照明効果分析(アナリシス)とプランニングの検証を繰り返し行い、実機モックアップなど、多角的なシミュレーションを行いながらプロジェクトを進めてまいりました。

【照明器具のポイント】
「質のいい光を実現する」
独自の深いリフレクター設計が特長のModuleXは、光の照射範囲内をしっかりと照らし、余分な光や眩しさを抑えることができるので、照明の効果が際立ちます。
​​

事例画像
事例画像

使用器具詳細

Project DATA

物件名 COEDA HOUSE
クライアント 隈研吾建築都市設計事務所
ライティングデザイン MouleX ソリューション統括部 麻田勝正
写真撮影 川澄・小林研二写真事務所
主要器具 ModuleX100、ModuleX80
所在地 〒413-0101 静岡県熱海市上多賀1027-8 アカオハーブ & ローズ ガーデン 内
電話番号 0557-82-1221
営業時間 9:00~16:00(17:00閉門)

プロジェクト名の敬称は省略させていただき表示しています。