羽田空港第2ターミナル 「朝陽滝図」 様

事例画像

2020年3月29日に増築した、羽田空港第2ターミナルの到着旅客が通過する国際線ホールのメインパブリックアートとして、千住博氏の作品「朝陽滝図」が展示され、ModuleXをご採用頂きました。

「作品をフラットに明るくしてほしい」というご要望に対し、最新のModuleX PRISM PLATFORMによって照明設計を行いました。器具内で柔らかなグラデーションを作って任意のポジションに照射することが出来る新しいテクノロジーが特長です。

ModuleXの照明設計では、独自の解析技術であるライティングリアライゼーションによって、事前にご納得いただけるまで様々な照明効果をご確認していただけます。

使用器具詳細

Project DATA

物件名 羽田空港第2ターミナル 「朝陽滝図」
設計 梓・安井・PCPJ 東京国際空港国際線旅客ターミナル 設計監理共同企業体
ライティングデザイン ModuleXソリューション本部 森田大介
写真撮影 Nacása & Partners Inc.
主要器具 PRISM PLATFORM®︎、ModuleX80

プロジェクト名の敬称は省略させていただき表示しています。